ガラス樽で発酵および熟成

日本ではまだ珍しい存在

bottle_grass ガラス樽で発酵中の赤ワイン

「ガラス樽で醗酵、ガラス樽で熟成」したワインを飲んだことがありますか? 木のタルの臭いや香りがないので、スッキリしたフレッシュ感のある、ぶどう本来の味を感じるワインです。

当工房では、ガラス樽(カーボーイ)を使った「ガラス樽で発酵・ガラス樽で熟成」のワインを作っています。23リットルというガラス樽(フルボトルで30本近くになる容量のタル)を用いて発酵させ、熟成をはかっています。

そのようなガラス樽を数多くそろえてワイン醸造をおこなっているところは、日本では数少ないものの、北米などでは、珍しくありません。

私どもが研修を受けてきたカナダのバンクーバでは、ダウンタウンの中にもガラス樽を使用して醸造する小さな工房がいくつかあり、お客さんは自分で瓶詰めをして持ち帰るという様子でした。

このようなスタイルのワイン醸造所は、日本では北海道の富良野と猪苗代の当工房など数社だけであり、他では見ることのできない珍しいものです。

びん発酵・びん熟成のメリット

クリーン

bottle_lock 水の入ったエアロック栓

クリーンなガラス樽で発酵させ、水を入れた栓をしてあるため、発酵時のガスが栓の水をとおして抜けて行きます。逆に、外部からの雑菌などは、栓の水によって遮断され、大変クリーンな状態で醸造しているのです。

言葉ではわかりにくいと思いますので、機会がありましたら是非ご覧いただければと思います。

ブドウ本来の味わい

アルコールが出来た後、長く熟成させればさせるほどまろやかになってゆきます。その熟成は、オーク樽などを用いることが多いわけですが、当工房では、熟成も23リットルのガラス樽でおこなっています。

そのため、オークの香りもなく物足りない方もいらっしゃることと思います。

しかし、ガラス樽で熟成の場合はぶどう以外の成分が入ってこないので、自然でフルーティーな香りと味わいになり、またスッキリ感もあるので、「個性が強くなく飲み口が良い」というご意見をお若い方からご年輩の方まで幅広い層から頂いております。

オーダーメイド醸造

ガラス瓶を利用した少量・多品種のワイン醸造なので、オーダーメイド醸造も可能です。

実際に地元の方が自家栽培の素材をお持ちになり、当工房での委託醸造を行っています。ご興味のある方は当工房へご連絡ください。