ワイン用のぶどう栽培者を募集中(会津美里町)

6/14
2015

福島県会津美里町では、これまで生食用ぶどうを栽培してこられた農家の方が高齢のために栽培をやめてしまい、せっかくのぶどう畑が放置されたりという所が増加しています。 現在まだ栽培中でも、まもなく栽培をやめてしまおうという方も少なくありません。

そこで、それらを活用させていただいて、「ワイン専用ぶどう」を栽培してワイナリーを新たに設立するというプロジェクトが生まれようとしています。

会津美里町は、古い歴史と美しい自然に恵まれた町で、会津若松市の隣りに位置しています。会津美里町には、高田梅やぶどう、りんごなどの農産物が豊富です。また、「会津」発祥の起源に由来する伊佐須美神社や東北最古の焼き物として知られる会津本郷焼があり、さらに野口英世博士ゆかりの中田観音や由緒ある神社仏閣などが多数あります。 その上、会津美里町には、本郷温泉、会津高田温泉、新鶴温泉の3カ所の温泉や、モリアオガエルが生息する公園などがあり、自然の中で健康に過ごすことができる施設にも恵まれています。

このようなすばらしい環境の中で、『ワイン用ぶどうを栽培して、ワイナリーでのワイン造りと運営に参画する方』を募集しています。ぶどう園用の当初の畑の候補(約30アール)は、下の写真のように具体的に検討中です。この畑は、ぶどう栽培に用いらて来た所で、棚とハウスが設置済みです。
この地域には、長年ぶどう栽培をおこなって経験豊富な方がたくさんおられますので、栽培技術に関しては心配がありません。住居等においても恵まれている町ですので安心して移住していただくことができます。

この情報に関心を持たれた方は、ご遠慮なくお問い合わせ下さるようお願い致します。

ぶどう園のある会津美里町新鶴地区

ぶどう園のある会津美里町新鶴地区

会津美里町のぶどう園から

会津美里町のぶどう園から

 

  1. 日々の風景
  2. 22:29